アカペラとは?

アカペラとは、楽器を使わず、人の声だけで作り上げる音楽です。
有名なものでは、「ゴスペラーズ」というグループや「ハモネプ」というテレビ番組を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。

アカペラは、合唱とも少し違っていて、基本的に4~6人程度の「バンド」で活動します。主旋律を歌うリードボーカル、主旋律へのハモりなどを担当するコーラス、リズムを作り上げるベースとボイスパーカッションから構成されており、一人一人が大きな役割を担っています。

声だけでさまざまな楽器を使っているかのような演奏が出来るので、聴く人は声に秘められた可能性の大きさにびっくりすることでしょう!

楽器に縛られないからこそ、邦楽、洋楽、ノリノリの曲、しっとりした曲、演歌にミュージカル…と様々な音楽を奏でることが出来ます。
そこにメンバーがいるだけで、いつでもどこでも、なんでもできる!そんな自由で楽しい音楽、それがアカペラです。

上に戻る


LaVoceとは?

「LaVoce(ラボーチェ)」は、東大で唯一のアカペラサークルです。東大の中でもかなり大規模で、さらにどの大学の学生でも入れるインカレサークルなので、本当に色々な大学の学生と友達になることができます!

LaVoce全体での活動は、毎週月曜日の「全体会」だけ。あとはサークル員とバンドを組み、自由に練習日程を決められるので、勉強や他のサークルとの両立もできます!

同じ曲を好きな人で集まって楽しく歌うのもよし、上手くなれるよう頑張るのもよし、文化祭やライブで披露するのもよし…自分にあった楽しみ方が見つけられるはずです。

上に戻る


全体会とは?

LaVoceでは毎週月曜日に東大駒場キャンパス5号館533教室で全体会を開いています。

普段はバンドを組んだメンバーとの練習がメインですが、全体会では毎回100人近いサークル員が集まって一緒に練習をします。

全体会でやることは、
・呼吸や発声などの基礎練習
・課題曲の練習 (大体1ヶ月で1曲を練習します。即席でバンドを作り、マイクを使って発表し合ったりもします。)
です。課題曲といってもシビアなものではないので、まったり楽しく歌います。

普段一緒に歌う機会のない同期や先輩とも一緒に歌える機会であり、先輩から様々なテクニックを教わる良い機会でもあるので、他大から毎週通っている人もたくさんいます。

4月11日(この日だけは木曜日にやります!)、4月15日(月)には新歓全体会も行われるので、ぜひ様子を見にきてみてください♪
このどちらかの全体会に参加していないと入会できないので注意!

皆さんと歌えるのを楽しみに待ってます?

上に戻る


年間行事

4月 春ライブ(新歓ライブ)

主に新入生をお客さんとして駒場小空間で行われるライブです。LaVoceのすごいバンドの演奏がたくさん見れるだけでなく、アカペラのことを知ってもらうための企画なども用意しているのでぜひ聴きにきてみてください!

今年の春ライブは4月7日です。

5月 五月祭

本郷キャンパスで行われる学園祭で毎年ステージライブとストリートライブを行なっています。特にストリートライブは赤門の前で行なっているので、たくさんのお客さんが足を止めてくださいます。また、スターティングバンド(新入生と上期が組んだ新入生のためのバンド)の発表もストリートライブで行なっています。

6月 新歓合宿

新入生と一緒に1泊2日の合宿に行きます。アカペラの練習はもちろん、スポーツやコンパを通してサークル員の交流を深めます。

8月 夏合宿

新歓合宿と同じように合宿のための練習や発表をするのはもちろん、海やBBQ、花火やスイカ割りなど夏にやりたいことをぎゅっと詰め込んだ合宿です!同期や先輩と仲良くなるチャンス!

9月 夏ライブ

新入生(23期)のバンドのライブです!LaVoceに入会して最初に組む「新人バンド」で3ヶ月間練習を重ね、この夏ライブで発表します!小空間の大きなステージで、外部の人にもみにきてもらえる大きなライブです。
運営・音響・照明・会場づくり・広報活動など、すべてサークル員の手でつくりあげるので、ライブを通してサークル員の絆も深まります。

11月 駒場祭

駒場キャンパスで行われる学園祭でもステージライブとストリートライブを行なっています。OBOGの方が演奏することも。五月祭よりも1日多いのでたくさん歌えるお祭りです!

12月 冬ライブ

外部のホールで行われる、その年度最後のサークル主催のライブです。

2月 冬合宿

合宿のための曲を練習・発表するだけでなく、スキーやスノボをしたり、温泉に入ったり、雪山で冬を満喫できる合宿です。

3月 アニュアルパーティー

通称『アニュパ』。4年目のサークル員の卒業を記念し、お店を貸しきってパーティーを行なっています。

上に戻る